死んだ乳酸菌

死んだ乳酸菌

青汁と乳酸菌を組み合わせた商品を利用するなら、気になるのが死んだ乳酸菌はどうなってしまうのか?
今までは生きて腸まで届くことが優先されていたわけですが、最近ではどうやら死んだ菌でも意味がまったくないわけではないことがわかっているそうです♪

 

乳酸菌は酸に弱くなっているため、胃で壊れてしまうんですね!
だったら腸まで生きて届くことはないから、意味が無いのではないかと感じてしまいます。
だからこそ「腸まで届く」をウリにしている商品も多いわけです。

 

しかし、最近の研究では死んでも体に良い作用をもたらすことはわかっているとか!

 

乳酸菌は加熱殺菌すると死菌となります。
これをボランティアに毎日摂取させたところ、ちゃんと整腸効果があることが判明しています。

 

生きたまま届く乳酸菌の場合との違いは、オリゴ糖のような働きとなること。
つまり腸に生息する善玉菌のえさとなることができます。
それにより腸内の善玉菌が増えることができれば、意味が無いとは言い切れませんね。

 

青汁と乳酸菌が含まれているものでは、胃で乳酸菌が壊れるのはあまり気にしなくて良さそうです♪
中には胃で壊れにくい乳酸菌が発見されたりもしますが、そういった乳酸菌商品は意外と高額だったりします。